Cランク

メディコート アレルゲンカットの原料を評価!口コミや評判もチェック

メディコート アレルゲンカットの原料を評価!口コミや評判もチェック

管理人
管理人

こんにちわ!管理人の祥子(@dogfood_abc)です。

メディコートは日本農産工業グループのペットラインから発売されているドッグフードです。

  • ペットフードメーカーのパイオニアとして長い歴史を持つ
  • 代表取締役社長である朝見氏が一般社団法人ペットフード協会の役員に就任している

ということから、ペットフードに対しての積極的な姿勢がうかがえるため、原料や品質に期待が高まります。

このページではアレルギー対応フードであるメディコート アレルゲンカットに焦点を当てて、口コミや評判を含めて徹底的に評価してみました。

アレルギー対応フードの効果や特徴も解説していますので、ドッグフード選びの参考にしてください。

メディコート「アレルゲンカット」の評価

メディコート アレルゲンカットの評価

商品名 ・メディコート「アレルゲンカット」魚&お米 成犬用
・メディコート アレルゲンカット魚&えんどう豆蛋白 成犬用
総合評価

Cランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【ドッグフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原材料:×
【魚&お米】穀類(米、米粉 、米ぬか)
【魚&えんどう豆蛋白】豆類(えんどう豆たん白、えんどう豆繊維)

その他原材料:フィッシュミール、フィッシュエキス

酸化防止剤:ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール

人工添加物:なし

メディコートの原材料チェックに飛ぶ☟

原産国 日本
第一原材料産地 不明
内容量と価格 【魚&お米】
・700円/500g(250g×2)
・2,600円/3kg(500g×6)
・1,400円/1.25kg(250g×5)
・4,000円/6kg(500g×12)
・5,000円/8kg
【魚&えんどう豆蛋白】
・900円/500g(250g×2)
・3,200円/3kg(500g×6)
・5,000円/6kg(500g×12)
※公式サイト参考
対応年齢 1歳からの成犬用
販売元 ペットライン株式会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 国産コスパ

メディコート アレルゲンカットはCランクです。

安価でアレルギーを起こしにくい原材料を使用していることはいいのですが、

  • 第一主原料が穀類である
  • 魚の種類が不明
  • 国産ではあるが原材料の産地が不明

という点で不安が残ることからこの評価となりました。

犬は本来肉食なので、動物性タンパク質を第一主原料にして欲しかったですね。

アレルギー対応フードの特徴やメリット

アレルゲンカットの特徴やメリット

メディコート アレルゲンカットを紹介する前に、まずはアレルギー対応フードの効果や特徴について解説していきます。

アレルギーの原因はタンパク質

近年、食物アレルギーを持つ犬が非常に増えており、飼育されている犬の約4割がアレルギーもしくはアレルギーの可能性があると言われています。

食物アレルギーの原因として、タンパク質が関わることが多いと考えられています。

中でもアレルギーを起こしやすいと言われているのが、次の食材です。

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 鶏卵
  • 乳製品
  • 小麦
  • とうもろこし
  • 大豆

ドッグフードの原材料ラベルに目を通す方にとっては、よく見かける食材ばかりではないでしょうか。

愛犬の食物アレルギーにお悩みの場合、これらの食材を避けて、良質なタンパク質が含まれたフードを選ぶことがポイントになります。

普段、ドッグフードの原材料をあまり気にしない方も、ぜひ今与えているドッグフードのラベルを確認してみてくださいね。

犬のアレルギーについてもっと詳しく知りたい方は「犬のアレルギーの種類、無添加の魚ドッグフードは安全?」をどうぞ。

参照元:犬にもアレルギーはあるの!?【ペットライン】

アレルギー対応フードを与える効果

アレルゲンカットのフードを与える効果

アレルギー対応のフードは、食物アレルギーをお持ちの犬はもちろん、今現在アレルギーを持っていない犬にも向いています。

アレルギーの原因になる原材料を避けることにより、アレルギーの発症を予防する効果が期待できるでしょう。

また、食物アレルギーは、同じものを長年食べ続けることにより発症する場合もあるので、普段食べているものとは違う主原料のドッグフードを時々与えるのもおすすめです。

アレルギー対応フードの特徴

特徴①魚が主原料のフードが多い

アレルギー対応フードやアレルゲンカットフードと呼ばれるドッグフードは、肉の代わりに魚が主原料となっているものが多く見られます。

魚はアレルギーを起こしづらいだけでなく、栄養価も高いので、肉類にアレルギーをお持ちのワンちゃんには大変おすすめです。

ただし、まれに青魚(サバ、サンマ、イワシなど)にアレルギーが出る犬もいますので、アレルギー対応フード選ぶ際は魚の種類にも注意するようにしましょう。

特徴②小麦やとうもろこし不使用のフードが多い

小麦やとうもろこし不使用のフードが多い

小麦やとうもろこしは犬がアレルギーを起こしやすいといわれている原料です。

アレルゲンカットのフードは小麦やとうもろこしの代わりに米やポテトを使用しているという特徴があります。

ちなみに、良質なドッグフードでは「アレルゲンカット」や「食物アレルギー対応」という記載がなくても、アレルギーを起こしやすい穀類を使用していないことがあります。

肉にアレルギーがないワンちゃんの場合は、穀物不使用のグレインフリーフードを選ぶのもいいと思います。

アレルゲンカットやアレルギー対応という言葉ばかりに注目せず、きちんと原材料を見て判断するようにしてくださいね。

グレインフリーのフードについて詳しくはこちら。
穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

メディコート アレルゲンカットの原料

メディコート アレルゲンカットの原料

では、実際にアレルギー対応フードである、メディコート アレルゲンカットの原料を見ていきましょう!

魚&お米

まずは、アレルゲンカットのラインナップのうち、魚&お米1歳から(成犬用)の原料について解説していきます。

原料名

穀類(米、米粉 、米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)、油脂類(動物性油脂 、ライスファットカルシウム、ガンマ-リノレン酸)、種実類(ゴマ粉末)、糖類(フラクトオリゴ糖)、グルタチオン酵母、シャンピニオンエキス、ブドウ種子エキス、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
※着色料は使用しておりません。

引用元:原材料【メディコート公式サイト】

穀類が多い

原材料の最初に穀類が記載されています。

犬は本来肉食のため、穀類を消化しづらいと言われています。

とうもろこしや小麦に比べると、米はアレルギーを起こしにくい原料ではありますが、ドッグフードの第一主原料は良質な動物性タンパク質であって欲しいなと思いました。

アレルギーに配慮するだけでなく、犬の体への負担についても考えてくれたらより良いフードになるので、少し残念に感じました。

魚の詳細がわからない

魚の詳細がわからない

第二主原料は魚介類ですが、公式サイトを確認してみても、何の魚のどの部分を使用しているかが分かりませんでした。

また、ミールやエキスなどのあいまいな表記のものは、できるだけ避けたい原料のひとつ。

魚介類が使用されていることはいいところですが、その品質については不安が残りますね。

原料の産地は国産ではない

ドッグフードに記載される原産国には、最終加工をした国を記載するという決まりがあります。

メディコートは国産ですが、海外産の原材料も使用しています。

どこの国の原料を使用しているかまでは公式サイトに明記されていませんでした。

中国産の原料を使用していないことを祈るばかりです。

参照元:国産品と書いてあるが、原材料も全て国産ですか?【メディコート公式サイト】

動物性油脂

動物性油脂も、どの動物の油を使用しているかがわからず不安な原料のひとつです。

しかし、メディコート アレルゲンカットでは食用牛脂を使用しているようですので、安心して良いでしょう。

参照元:動物性油脂とは何ですか?【メディコート公式サイト】

ブドウ種子エキス

ブドウ種子エキス

メディコートアレルゲンカットには、ブドウ種子エキスが使用されています。

ブドウの種には抗酸化作用があると言われており、サプリメントなども販売されていますが、実はブドウは犬に与えてはいけない食べ物のひとつです。

ブドウを多量に摂取すると、急性腎不全を起こしたりひどい場合には死亡する恐れもあります。

含まれている分量が少量なので、問題はないかと思いますが、気になる方は避けておいた方が良いでしょう。

犬に与えてはいけない食べ物について詳しくはこちら。
犬に与えてはいけない12の食べ物

価格が安いので、価格重視の人向け

公式サイトによると、メディコートアレルゲンカット魚&お米は3kgで2,600円なので、1㎏当たり約867円になります。

財布に優しいドッグフードではありますので、アレルギーが気になるけれど価格は抑えたいという方向けですね。

また、メディコートアレルゲンカット魚&お米には低脂肪ライトタイプや大粒タイプもあるので、愛犬の体に合わせて選べるのもうれしいポイントです。

参照元:商品ラインナップ【メディコート公式サイト】

魚&えんどう豆蛋白

魚&えんどう豆蛋白

続いて、もうひとつのラインナップである、魚&えんどう豆蛋白 1歳から(成犬用)の原料を見ていきましょう。

原料名

豆類(えんどう豆たん白、えんどう豆繊維)、でん粉類(コーンスターチ)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス)、油脂類(動物性油脂)、種実類(ゴマ粉末)、糖類(フラクトオリゴ糖)、セレン酵母、ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
※着色料は使用しておりません。

引用元:原材料【メディコート公式サイト】

主原料は豆

主原料は穀類であるえんどう豆となっています。

豆類の中でもアレルギーを起こしやすいと言われる大豆を使用していない点はいいと思いますが、魚&お米のラインナップ同様、本来肉食の犬の体にはやや負担が大きいドッグフードだと感じます。

コーンスターチ

コーンスターチはとうもろこし由来の食材です。

とうもろこしにアレルギーのある犬は避けたほうが良いでしょう。

とうもろこしはアレルギーを起こしやすい原料のひとつと言われているので、アレルゲンカットのフードに使用する原材料としては疑問を感じます。

穀類が主原料であること、コーンスターチを使用していることなどから、個人的にはあまりおすすめできないフードだと感じました。

当サイトに投稿された「メディコート」の口コミ・評判

メディコートのみんなの口コミ・評判

3
3.0 rating
星5つ中の3 評価の数 2
とても良い50%
良い0%
普通0%
残念0%
とても残念50%

蛋白漏出性腸症にマルチーズに

5.0 rating
2020年8月29日

7才の時に発病してから病院指定の療法食を与え、それ以外は一切与えていましたが、一向に改善されませんでした。ネットでいろいろ調べ、思い切ってこちらの“魚&えんどう豆蛋白”に替えて、茹でたササミとじゃがいものトッピングで3ヶ月以上経ちました。アレルギーの関係はわかりませんが、アルブミンの数値が標準値になり、先日の血液検査では最高値3.5に! 病院の先生からは「すごい!」と言っていただきました。うちの子には合っていたようで、このまま標準値をキープし、投薬ナシを目標にしています。

マッピー

下痢をした

1.0 rating
2020年5月13日

2匹のチワワに与えたら2匹とも下痢をしてしまいました。あまり好んで食べなかったので餌の種類を以前のものに戻し残りを破棄しました。

次郎

メディコートの口コミを投稿する

当サイトで調査した「メディコート」の口コミ・評判

口コミ・評判

体調や皮膚の状態がよくなった

実際にかゆみが軽減されたという口コミも。

リーズナブルな価格で体調がよくなるのなら、喜ばしいことですよね。

愛犬がアレルギー体質だとドッグフードに悩むことも多いと思います。

体調が落ち着いて、よく食べてくれるものが見つかると安心ですね。

体に合わなかった

このフードを食べさせると、翌日必ず胃液を吐きます。

他のフードに比べて1粒が非常に軽い気がする

安全性に不安があるので廃棄してしまいました。

引用元:吐く【アマゾンカスタマーレビュー】

口コミや評判を見たところ、ワンちゃんによって、合う合わないの意見が分かれました。

実際にアレルギー改善効果を感じている方もいれば、全く体質に合わず、吐いたり下痢したりする犬もいるようです。

与える際にはくれぐれも様子を見ながらにした方が良さそうですね。

価格や小分け包装に満足

価格に満足

小分けになってるので湿気る心配もないです。

食いつきとてもいいですが、こちらのご飯に変えてからうんちが少し緩めです。

あと目やにが少し多くなりました。

ですが、値段が手頃なので助かります。

引用元:【楽天みんなのレビュー】

メディコートは小分けの袋に入っているので鮮度が保ちやすいというメリットがあります。

また、価格には満足しているものの、「うんちがゆるくなった」「目やにが増えた」との口コミもありました。

そのような症状を感じたら、価格だけにとらわれず別のドッグフードを検討してみてください。

まとめ

  • 第一主原料が穀類
  • 魚の種類が不明
  • 原料が国産ではない
  • 合わない子もいる
  • アレルギーを起こしやすい原料を極力使用していない
  • 価格が安い

メディコートは、価格を重視する方には手を出しやすいフードでしょう。

しかし、原料に関しては不安や疑問が残ります。

「愛犬の健康のためならもう少しお金を出しても良い」と思うのであれば、良質な動物性タンパク質が主原料のドッグフードを選んだ方が良いというのが正直な感想です。

せっかくアレルギー対応になっている魚のドッグフードなのに、穀類が第一主原料となっているため、そのメリットを活かしきれていないドッグフードだと感じ、少し残念でした。

魚のメリット・デメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

グリーンフィッシュの評価、魚ドッグフードのメリット紹介

-Cランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2021 All Rights Reserved.