Aランク

口コミで好評価のアーテミス!原材料や評判を徹底調査

米では好評価?話題のアーテミスの原材料や評判を調べます

管理人
管理人

こんにちわ!管理人の祥子(@dogfood_abc)です。

アメリカ生まれのアーテミスのドッグフード、ネットでは評判がとても良いみたいですが、日本の犬に合っているのでしょうか?原材料とか品質は大丈夫?

そこでこの記事では、アーテミスの「フレッシュミックス」を取り上げて、原材料や品質から総合的に評価したいと思います。

日本の犬に合っているかどうかもきちんと検証し、また実際に使用している愛犬家のみなさんの口コミ・評判も紹介しますので、アーテミスのドッグフードの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

アーテミスの総合評価

アーテミス

商品名 アーテミス フレッシュミックス アダルトドッグ
総合評価

Aランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【ドッグフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:フレッシュチキン・ドライチキン

その他原料:ターキー・ダック・サーモン等

酸化防止剤:ローズマリーエキス・ビタミンE

人工添加物: なし

「アーテミス」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 アメリカ
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・3,743円/3kg
・6,750円/6kg
・12,297円/13.6kg
※全て税抜、公式サイトより
対応年齢 中・大型犬成犬用 1~6歳
販売元 株式会社ケイエムテイ
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 プレミアムドッグフードコスパ成犬におすすめ

アーテミス フレッシュミックスの評価はAランクです!

ヒューマングレードの材料を使用していて、しかも人工添加物不使用。健康なワンちゃんには安心して与えられるドッグフードです。

ただ、複数のたんぱく源(チキン・ターキー・ダック・サーモンなど)や穀類(大麦・玄米・オーツ麦・黍など)を使用しているため、万が一アレルギーになった際に、原因の特定が難しいという不安はあります。

すでにアレルギーのあるワンちゃんにもおすすめできません。

でも大丈夫!

アーテミスのラインナップには、たんぱく源を「サーモン」または「ダック」に絞り、しかもグレインフリーである「オソピュア」というフードもあるので、アレルギーの不安があるワンちゃんには、そちらをおすすめします。

では、アーテミスのドッグフード、具体的にどういった点がすばらしいのでしょうか。

全てのドッグフードの評価を見る

アーテミスは原料が「ヒューマングレード」

アーテミスはどんなフード?

原材料は、人間向けの食品基準を満たした「ヒューマングレード」と呼ばれる素材を使用しています。

アメリカの農務省(USDA)では、食用の素材の安全基準を設定しており、その基準の最高が「Human Grade(ヒューマングレード=人間向け)」。最低は「Feed Grade(家畜向け)」とされています。

アーテミスのフレッシュミックスは、USDAの最高ランク「ヒューマングレード食材」を使用したペットフードです。

アーテミスの原材料を評価

アーテミスの原材料を評価

アーテミス フレッシュミックス アダルトドッグの原材料をみてみましょう!

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・大麦・玄米・オーツ麦・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・卵・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・トマト搾り粕(リコピン)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・ドライ魚肉・サーモンオイル(DHA源)・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれんそう・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L-カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウム アニマリス・ラクトバチルス ロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

引用元:アーテミス フレッシュミックス アダルトドッグ【株式会社ケイエムテイ】

これらの原材料について、以下で詳しく解説していきます。

穀物・穀類を使用

アーテミスには、複数の穀物が使われています。

どういう穀物かというと、大麦・玄米・オーツ麦・黍(きび)という複数のイネ科の禾穀類(かこくるい)と、マメ科の菽穀類(しゅくこくるい)(※)であるエンドウ豆です。

※マメ科の菽穀類は広義の穀物に入ります。

穀物の中では比較的栄養価が高いものを使用していますが、含有量はやや多めです。

穀物類の含有量が多いと、その分肉の量が減ってしまいますね。

穀物アレルギーに注意

穀物にアレルギーを持っているワンちゃんもいます。

アーテミスでは、小麦やトウモロコシに比べるとアレルギーになりにくい穀物を使用していますが、アレルギー体質のワンちゃんは注意が必要です。

穀物アレルギーが心配な場合は、「オソピュア」というグレインフリーのラインナップがあるので、そちらを選びましょう。

ドッグフードのグレインフリーとは?効果を解説

人工(合成)添加物は不使用

人工添加物は不使用

人工(合成)添加物はドッグフードの保存期間を長くし、酸化や腐敗などを防いで品質を保つ効果があります。

しかし最近は、健康志向の高まりで添加物に注意を払う愛犬家が増えてきています。

また、”人工添加物が入っているフードを食べると涙やけが起こる”などの口コミも上がっていたりして、人工(合成)添加物の使用の是非が問われはじめているのも事実です。

アーテミスではこれらの人工(合成)添加物ではなく、天然成分の物質を酸化防止剤として使用し、フードの劣化を抑えています。

しかし、天然成分の酸化防止剤には、人工(合成)添加物ほどの効力がないので、消費期限を守り、開封後はなるべく早目に使い切るようにしましょう。

ドライ魚肉

上記の原料に「ドライ魚肉」という記載があります。何の魚かは明記されていないので不安になる方もいるのではないかと思われます。

そこで公式サイトを調べてみました。それによると、北米大西洋沿岸に生息するニシン科の「メンハーデン」という魚を使用しているとのこと。

良質なたんぱく質やカルシウムなどのミネラルやビタミン類が豊富に含まれている魚で、その肉部分のみを乾燥させたものだそうです。

アーテミスは日本向けに調整されていない

日本の犬に合ったフード?

アーテミスは、日本で販売されているといっても、アメリカで、アメリカ産の原料を使用してつくられたドッグフードです。日本の犬の生活環境や体質に合わせて作られた商品ではないようです。

アーテミス社は1998年にアメリカ・カリフォルニア州の北ハリウッドで創立された会社です。

アーテミスのドッグフードは、世界25カ国で販売されており、アメリカの犬専門雑誌「ホールドッグジャーナル」で最高級品質と評価されており、ロサンゼルスの警察犬指定食にもなっています。

海外のドッグフードのメーカの中には、日本の気候や日本の犬の生活環境や運動量などに合わせて、正規品の原材料を調整して製造・輸出しているところがあります。

その場合は、通常、公式サイトや正規販売店のサイトなどで告知されますが、アーテミスに関してはそのような告知はされていないため、日本向けに原料の調整は行われていないと考えてよいでしょう。

日本の犬は運動不足

日本の犬は運動不足

日本のほとんどの犬は、散歩の時間が少なかったり、自由に走り回れるスペースが少なかったりして、アメリカの犬ほど運動量を確保できていません。

平均的な給与量とフード1kg当たりのカロリー数などは記載されていますが、愛犬の運動量を考え、必要なカロリー量をきちんと算出して給与量を調整することをおすすめします。

日本の犬はアレルギー体質が多い

一昔前に比べて、近年の日本の犬達はアレルギー体質の子が多くなってきました。

人間と同じく、ハウスダストや花粉などでアレルギーを起こす子もいれば、食物アレルギーに悩んでいる犬も増えています。

アレルギー体質の犬が多くなった原因として、

  • 清潔な環境で飼育されるようになった
  • 様々な化学物質などに暴露される機会が多くなった
  • 毎日同じドッグフードを食べることで、アレルゲン物質が蓄積されてしまった

などが考えられます。

常に愛犬の健康状態を見守りながら、最適なフードを選ぶようにしたいものです。

アーテミスのラインナップを紹介

アーテミスのラインナップを紹介

アーテミスには3つのシリーズがあります。

全ラインナップをまとめたので参考にしてください。

シリーズ名 ドライ・ウエット 商品名 対象の犬 特徴
オソピュア グレインフリー ドライフード サーモン&ガルバンゾー 全犬種・全年齢対応 ・白米、小麦、トウモロコシ、麦類を一切使用しないグレインフリータイプ
・たんぱく源もある程度絞られている
バッファロー・サーモン&ガルバンゾー
ダック&ガルバンゾー
缶詰 チキン缶
ダック缶
ターキー&サーモン缶
ラム缶
アガリクス アイエス ドライフード アガリクス I/S 中粒 全犬種・全年齢対応 ・犬の免疫力や自己治癒力UPのために人間用サプリメントで話題の「アガリクス茸」と「乳酸菌」を配合
・複数のタンパク源を使用
アガリクスI/S 小粒
アガリクスI/S ヘルシーウェイト 小粒 成犬・老犬・ダイエット向き
フレッシュミックス ドライフード スモールブリードパピー <小粒タイプ> 小型犬幼犬用離乳期〜12ヶ月以下 ・素材が持つ栄養とおいしさを最大限に活かしたベーシックなシリーズ
・複数のタンパク源を使用
スモールブリードアダルト 小型犬成犬用 1〜7才
アダルトドッグ 中・大型成犬用 1〜6才
ウェイトマネージメント アダルトドッグ 肥満ぎみ・減量が必要な成犬用
ウェイトマネージメント& スモールシニアドッグ 肥満傾向の小型成犬
シニア犬用

上記ラインナップのうち、「アガリクス」と「フレッシュミックス」は多種類のたんぱく源を使用しています。

特定の原料にアレルギーがある場合は、必ず原料名をきちんと確認してくださいね。

参照元:株式会社ケイエムテイ

当サイトに投稿された「アーテミス」の口コミ・評判

アーテミスの口コミと評価

アーテミスのみんなの口コミ・評判

4.5
4.5 rating
星5つ中の4.5 評価の数 2
とても良い50%
良い50%
普通0%
残念0%
とても残念0%

食いつきが良く、毛づやも良い。

5.0 rating
2020年4月30日

このフードに変えて3年になります。4才ミニチュアシュナウザーですが、食いつきが良く、ご飯の時間が待ちきれません。ロングコートなので毛玉が気になりますが、エサのおかげか毛づやもよく、きれいに保てています。ウンチのにおいも他のフードよりきつくないと感じています。フードに悩まれている方は一度試してみる価値はあると思います。

koharulove

食べやすいのかも

4.0 rating
2019年11月30日

お迎えして2ヶ月くらいはロイカナだったけど、ジプシーしながらたどり着いたのがアーテミス アガリクス。小粒と中粒があって、成長に合わせて選べるのでとてもありがたい!そのおかげかうちのわんこ(フレンチブルドッグ・9ヶ月)も食べやすそうに頬張ってます( ・ᴗ・ )

ななな

アーテミスの口コミを投稿する

当サイトで調査した「アーテミス」の口コミ・評判

良い口コミ・評判

ワンちゃんにも味や匂いの好みがあります。きっとアーテミスが気に入ったのでしょうね。

ウンチの状態も良いのもうれしいですね。

ワンちゃんのお口に合ったものが良質な原材料を使ったアーテミスでよかったですね!

★★★★★
良心的な質と価格!
2018年2月5日
アレルギーの皮膚病で医者から勧められたオメガ3が含まれていて、防腐剤や悪い油が入ってない様なので選びました。
この仕様なら納得できる価格だと思います。
トップクラスの他社製品にはビタミンCがタップリと謳われていますが、犬は体の中で作ることができるので、ワサワサ与える必要もない栄養素でした。防腐の効用の為に入っているのかと思ったりしました。
と言うことで、この製品は真面目で良心的な質と価格であると思っています。

アカナも使っていましたが、保存に問題があります、保証期間内でも味が変わって食べなくなりました。
この製品は食いつきも良く、毛並みも良くなりました。

引用元:AMAZONカスタマーレビュー

アーテミスにはサーモンオイルが配合されています。

サーモンオイルは皮膚に良いとされているオメガ3脂肪酸が含まれているので、皮膚に良い効果が現れたのかもしれません。

★★★★★
愛犬 花子のお気に入り❣️
2019年1月23日
愛犬 プードル 花子 が「これちょうだい」とアーテミスの袋を手でカリカリして催促して来ます!
ホームセンターで売られていた有名ドックフードの試食を勧められても 匂いを嗅ぐだけで、一口も食べずにいるほどこだわりのあるワンコですが、これは、よく食べます!
味を変えてリピートしています。

引用元:AMAZONカスタマーレビュー

ヒューマングレードの素材がワンちゃんの食欲をそそったのでしょう。グルメのワンちゃんなのかもしれませんね!

★★★★★
喜んで食べています
2020年5月14日
うちの2歳半の柴犬は、生後3ヶ月目にブリーダーさんから譲り受けた当初から、犬舎でも食べていたヒルズサイエンスダイエットパピーを与えていましたが、餌の食いつきが悪いので、1歳になった頃にロイヤルカナン柴犬成犬用に切り替えました。ロイカナはヒルズよりは多少食べてくれましたが、やはり常に食器に餌を残しているので、2歳になった頃からシーザーのささみ野菜パウチ1袋を朝晩2回に別けてロイカナと一緒に与えてきました。しかし、それでもロイカナは必ず残すので、今回色々と考えてアーテミスを与えてみたのですが…。もう、ビックリする程喜んで残さず一気に食べてくれます。便も柔らかく、黄色になりましたが、これは野菜成分が多い証しだと思います。

引用元:AMAZONカスタマーレビュー

ワンちゃんは美味しいものをよく知っています。素材の良さ、人工添加物が入っていないことなど、本当はワンちゃんが一番よくわかっているのかもしれません。

悪い口コミ・評判

★☆☆☆☆
アメリカ🇺🇸産
2019年9月29日
下痢した

引用元:AMAZONカスタマーレビュー

ワンちゃんの体質に合っていなかったか、何らかのアレルギーをもっていたのかもしれませんね。

★☆☆☆☆
好みか?
2017年6月22日
我が家の犬には不評でした。味かなぁ。なんでも食べるのに食いつきが悪かったです。

引用元:AMAZONカスタマーレビュー

ワンちゃんにも好みがあるので、味が気に入らなかったのかもしれません。あるいは、並行輸入品で品質が劣化していた可能性もありますね。

まとめ

アーテミスは高品質な食材を使用しており、総合的には安心して与えられるドッグフードであると言えます。

ただし、複数の種類の肉や穀物を使用しているため、アレルギー体質のワンちゃんは、アレルゲンを確認したうえで使うことをおすすめします。

また、価格設定がやや高めの部類に入るため、最安値で買いたい、と思う愛犬家も多いでしょうが、アマゾンや楽天で購入する際は注意が必要です。

アーテミスには、時々、輸送や保管上の問題が指摘されている「並行輸入品」が出回っているため、購入の際は、なるべく信頼できる販売元から購入しましょう。

-Aランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2020 All Rights Reserved.